2020
12.14

アイドルを作ろう #003<先走ってPV>

ないものは作ろう #アイドル編

とうとうやってしまいました。

先日やっとやってくれる女の子の説明したばかりで、戦略的にはここで県民の皆様から色んなアンケートを取ってファンとなってくれるだろう山形県民の総意を我らクリエーターが形にしていく過程を楽しむ企画だろうと思ってました。

そう、きっとこの<つくろう企画>自体そういうのでしょう。そうだった。きっと、それだった。。。

しかしながら、ワタクシ今回の企画にまずビジョンがありました。いや、そりゃないと困理ますが、正直、、、何となくレコーディングがしてぇ。という沸き立つ制作意欲が勝ったと申しますか、もう止められなかったです、ハイ。

という訳で、思いついたら吉日。

昔からレコーディングをお願いしてる半田技研ハンダくんに電話してスタジオを抑えます。

そして、楽器弾ける人

1 ドラム shift / about me ツトムさん
2 ギター shift イエみっちゃん
3 アイドル通 吉田ワタル

この3人を呼びます。ここでまず第一のトラブルに見合われる事となります。

2、3の2名とワタクシ楽器がない。つまり、ドラムしかない状況です笑。これはオワリデス。今から日本に打って出るアイドルを作る大事なレコーディングに白タンクトップの手ぶらな3人では話になりません。

そこでワタクシは頭を働かせて、借りるという方向性に切り替えます。手っ取り早く楽器が欲しい。できたらいいやつ。それを叶えてくれる人、、、、

いました。ギリギリBOYZ ショウさん!何とか交渉の末に三百坊で3人の楽器を手に入れます。

さぁ、スタジオに入った4名。ハンダ君もマイクのセッティングバッチリです。

でっ?

えっ?

はっ?

ですよね。曲あった?ってか何をレコーディングするの?ここです。しかし、ここはshift時代に培ったニュアンス勝負でいきます。昔からツトムさんにニュアンス伝えてとりあえずドラムを録音します、ここで大体の構成はできます。あとは足していくだけです笑。しかしながら、今聞いても相変わらずよくできたなとは思っております。

そうして、まずはオリジナルな音源は制作できました。ここからは今回の本筋映像制作へと移ります。最初から酒田で活動しているFRIDAYZのホリちゃんにお願いしたいと思っていましたので電話で交渉の末承諾を得て撮影、編集していったPVがこちらです。


music:shift + 吉田ワタル
lyric:アベセージ + あやたん
movie:HORI(FRIDAYZ)http://fridayz.net
Recording:ハンダ技研 https://handagiken.com
楽器貸してくれた方:ショウさん(三百坊)http://300bou.net

Director:アベセージ https://and-on.info

あやたん 公式instagram:https://www.instagram.com/ayano__takahashi/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。